ブラックリストとは

2016/05/26

ブラックリストについて何かしら耳にしたことがある人もいるかと思います。それではいったいブラックリストとはどのようなことを指しているのでしょうか。主にブラックリストとは、債務整理をしたり、破産してしまったりというような人のリストのことを言います。通常であれば信用情報を閲覧して審査を進めていきます。

それでは信用情報機関にはいったいどのくらいの年数が情報として上がっているのでしょうか。自己破産の情報としては、全銀協破産手続きの開始決定を受けてしまった日から数えて10年を超えていない期間が信用情報機関に登録されている期間ともいえます。

またCICの破産手続きの開始の決定してからの日にちを最初として7年以内であれば信用情報機関に登録されている期間ともいえるでしょう。そのほかにもCCBの宣告されてしまった日から7年間も信用情報機関に登録されている期間ともいえます。

また全情連手続きの開始日を最初として10年間の間は信用情報機関に登録されている期間ともいえます。このように信用情報機関にのる条件としてはいくつもありますので、まずはいったいどのような情報が信用情報機関にのってしまうのかをインターネット等で自分で調査してみましょう。

ある程度調査していれば、自分の今までの履歴は信用情報機関にのっているのかどうかのある程度判断できるかと思いますので、是非しっかりと自分の信用情報についてしっかりと調査してみることをおすすめします。
関連サイト:専業主婦カードローン情報館

カードローンが産むリスクの想像

2016/04/26

カードローンやキャッシングは利用したことはありませんが、簡単にお金を借りることができるというイメージを持っています。

そのため、ついつい借りすぎてしまったり、すぐにカードローンに頼ってしまうことなどで、借り入れが膨れ上がってしまうというリスクがあると思います。

リスクを防ぐためには、借り入れの目的を明確にしたり、重要なことのみにカードローンを使用するなどのルールを作ることが大切ではないかと考えています。

自由に、そして簡単に借り入れできることは非常に便利ではありますが、それ故に行き過ぎた利用をすることなく、よく考えて利用していくことが大切だと思います。

キャッシングやカードローンは私自身やった事がなく無知な為、勝手ではありますがどうしても手を出しにくいイメージがあります。

どうしてもお金が必要なのに手元にないといったときには仕方がないのかもしれませんがいくらでも借りられてしまったらいくら使ってるかも分からず最終的に返せなくなってしまうのではないかといったイメージもあります。ですので私は出来るだけキャッシングやカードローンと言ったものはせずに自分が今どれ程の余裕があるのか把握しながらお金を使っていきたいと思いました。今手元にお金がなくても借りられてしまうのは便利でもありますが、少し怖い世の中だとも思います。専業主婦でもお金を借りる

カードローンの借入限度額はどうやって決まるの?

2016/01/18

カードローンの借入限度額は、年収、勤務形態、勤続年数、年齢、個人信用情報、他社からの借入状況などのポイントが総合的に審査されて決まります。
審査の基準は金融機関によって異なるので、とある会社で限度額が30万円になっても、他の会社でも同じ結果になるとは限りません。
借入限度額を予測するには、比較サイトの口コミや体験談などが参考になるでしょう。
消費者金融や信販会社では、総量規制がかかるので年収の3分の1を超える貸付はできません。
銀行では銀行法が適用されるので、総量規制の対象外となり、年収による利用限度額の制限はありません。
カードローンやキャッシングは無担保ローンですので、借入限度額は低めになる傾向があります。
それに対して、有担保ローンでは担保が付いている分、高い金額を借りられる傾向があります。
カードローンは枠の範囲内ならば何度でも自由に追加融資ができて便利ですが、金利は高めに設定されており、高額な融資は受けにくいです。

関連サイト

カードローン会社によって利用限度額に違いがあります。
サイト名:借入※安心のカードローンは?徹底比較で検証しました【借入123】
(参考:http://www.zvakwana.org/)
最高いくらまで借りることが出来るかを調べてから申込み先を決めることが重要です。