ブラックリストとは

ブラックリストについて何かしら耳にしたことがある人もいるかと思います。それではいったいブラックリストとはどのようなことを指しているのでしょうか。主にブラックリストとは、債務整理をしたり、破産してしまったりというような人のリストのことを言います。通常であれば信用情報を閲覧して審査を進めていきます。

それでは信用情報機関にはいったいどのくらいの年数が情報として上がっているのでしょうか。自己破産の情報としては、全銀協破産手続きの開始決定を受けてしまった日から数えて10年を超えていない期間が信用情報機関に登録されている期間ともいえます。

またCICの破産手続きの開始の決定してからの日にちを最初として7年以内であれば信用情報機関に登録されている期間ともいえるでしょう。そのほかにもCCBの宣告されてしまった日から7年間も信用情報機関に登録されている期間ともいえます。

また全情連手続きの開始日を最初として10年間の間は信用情報機関に登録されている期間ともいえます。このように信用情報機関にのる条件としてはいくつもありますので、まずはいったいどのような情報が信用情報機関にのってしまうのかをインターネット等で自分で調査してみましょう。

ある程度調査していれば、自分の今までの履歴は信用情報機関にのっているのかどうかのある程度判断できるかと思いますので、是非しっかりと自分の信用情報についてしっかりと調査してみることをおすすめします。
関連サイト:専業主婦カードローン情報館

コメントは受け付けていません。